窓の外には、雨が降っています。

ある休日。朝から、雨が降っていました。土砂降りというわけではありません。
むしろ、しとしとと降るような、そんな雨でした。

僕は、そういう雨が好きです。
外に出るには傘を差さなければいけないので、億劫に感じてしまいますが、部屋の中にいる分には、雨が降っていて嫌だな、と思うことはむしろ少ないかもしれません。

どうして雨が降っているのがいいと思うのか。たぶん、あまりこれは人に理解されない感覚だとは思います。
僕も実際億劫だと感じることもあるので、これに関しては僕の感覚が少しだけ変わっているんだろうな、ということは理解しています。

でも、僕は思うんです。雨は何かの物語を始めるには、ちょうどいい天気だと。

外が寒くなると、給湯器が活躍する季節。
ガス給湯器販売ならこのお店。
リーズナブルな価格と、親切な対応で購入者側を満足させます。

雨をテーマにした映画や小説は多くあります。
雨という天気がもっている物語性は、とても高いと、僕は思うのです。
人の心情を描くのに、これほど雄弁な天気は、僕はないと思うのです。
雨は基本的にネガティブな場面で使われるので、実際物語の中で雨のシーンが出てきたら悲しくなります。

でも、天気一つでそれを感じさせてしまう雨というものの偉大さを、僕は感じるのです。

だから、僕は雨が好きなんです。窓に打つ雨の音に合わせて、僕は足踏みをします。少しだけ、楽しい気分になります。